top_sride02_smh.png top_sride03_2_smh.png top_sride03_4_smh.png top_sride03_5_smh.png

top_sride03_20181018230514356.jpg top_sride03_2.jpg top_sride03_4.jpg top_sride03_5.jpg

牧師 重城博之
➡プロフィールはこちら

きさらづキリスト教会について

きさらづキリスト教会は、1984年小さな家の教会、木更津宣教会として始まり、2012年新チャペルが完成しました。地域の方々のコミュニティ教会になるように願っています。JR内房線巌根駅から徒歩で10分くらいです。ぜひ一度、教会においでください。聖書のキリストのことばに、「すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」とあります。 心の安息を、本当の休みをイエス・キリストは与えてくださるお方です。「心の糧」なる聖書のことばを聞くことにより、豊かな人生を共に歩んでいただきたいと願っております。みなさまのおいでを心からお待ちしております。

お知らせ(ブログ)

 [%new:New%][%article_date_notime_dot%]

[%title%]


 
 

礼拝メッセージ(動画)

 

2020年10月25日
「律法かキリスト信仰か」

聖書箇所 ガラテヤ人への手紙3章1-14節

本テキストにおいて、使徒パウロはガラテヤ諸教会のクリスチャンに対し、キリストの死を無意味としようとする律法主義(ユダヤ主義)的な教えに惑わされてはならないと警告します。
1、信仰によってスタートしながら律法の行いによって完成しようとするのか(1~5節)
クリスチャン生涯の危険の一つは、信仰によってイエス・キリストとの救いの関係に入ったにも関わらず、自分の業によってその関係を維持し、完成しようとすることです。神の義は「信仰に始まり、信仰に進ませる」(ローマ1:17)のです。2、信仰の父、アブラハムの信仰に学べ(6~9節)
神は、アブラハムが祝福を約束された神を信じたことを、彼の義とみなされました。(創15:6)それと、同じように神は私たちがキリストに在る祝福を約束された神を信じたから(ローマ4:23~24)義と認められたのです。
3、律法ののろいか、キリストによる祝福か(10~14節)
誰でも、律法の行いによって神の祝福を受けることはできません。(詩篇143:2)キリストは私たちを律法の呪いから贖い出すために十字架にかかられたのです。(13節)
私たちは、ただ信仰によってキリストのもとに行きます。信仰によってキリストにとどまります。信仰によって義とされ、信仰によってきよめられます。(ローマ8:1~4)
 

 
お気軽にお問い合わせ下さい
日本宣教会 きさらづキリスト教会
TEL/FAX 0438-41-8490
〒292-0016 千葉県木更津市高砂1-7-4
JR内房線巌根駅から徒歩約10分
※駐車スペースございます。