top_sride02_smh.png top_sride03_2_smh.png top_sride03_4_smh.png top_sride03_5_smh.png

top_sride03_20181018230514356.jpg top_sride03_2.jpg top_sride03_4.jpg top_sride03_5.jpg

牧師 重城博之
➡プロフィールはこちら

きさらづキリスト教会について

きさらづキリスト教会は、1984年小さな家の教会、木更津宣教会として始まり、2012年新チャペルが完成しました。地域の方々のコミュニティ教会になるように願っています。JR内房線巌根駅から徒歩で10分くらいです。ぜひ一度、教会においでください。聖書のキリストのことばに、「すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」とあります。 心の安息を、本当の休みをイエス・キリストは与えてくださるお方です。「心の糧」なる聖書のことばを聞くことにより、豊かな人生を共に歩んでいただきたいと願っております。みなさまのおいでを心からお待ちしております。

お知らせ(ブログ)

 [%new:New%][%article_date_notime_dot%]

[%title%]


 
 

礼拝メッセージ(動画)

2019年2月17日
「市民生活と神の時」

聖書箇所 ローマ人への手紙13章1~14節

 ローマ13章は、クリスチャンが社会に対しどのような態度をとるべきか語っています。
1.上に立つ権威に従う(1~5)
全ての制度に、主のゆえに従い、善を行って立派にふるまうことは神の御心です。(Ⅰペテロ2:12-15)ただ従うだけでなく、国家の指導者のために、とりなし、感謝の祈りを捧げることも大切です。(Ⅰテモテ2:1-3)
2.税金を納め、義務を果たすことが求められている
「カエサルのものはカエサルに」(マタイ22:21)と主は語られました。
3.隣人愛に生きることにより、律法の真の要求を満たす生き方をすることが神のみこころです。(8-10)
4.今が終末の時(主の再臨直前の時)であることをわきまえて生きよう。(11-14)
光の武具を身に着け、品位ある生き方をし、主イエス・キリストを着ることが求められています。地の塩、世の光として私たちはこの社会に存在しているのです。


 
お気軽にお問い合わせ下さい
日本宣教会 きさらづキリスト教会
TEL/FAX 0438-41-8490
〒292-0016 千葉県木更津市高砂1-7-4
JR内房線巌根駅から徒歩約10分
※駐車スペースございます。