top_sride02_smh.png top_sride03_2_smh.png top_sride03_4_smh.png top_sride03_5_smh.png

top_sride03_20181018230514356.jpg top_sride03_2.jpg top_sride03_4.jpg top_sride03_5.jpg

牧師 重城博之
➡プロフィールはこちら

きさらづキリスト教会について

きさらづキリスト教会は、1984年小さな家の教会、木更津宣教会として始まり、2012年新チャペルが完成しました。地域の方々のコミュニティ教会になるように願っています。JR内房線巌根駅から徒歩で10分くらいです。ぜひ一度、教会においでください。聖書のキリストのことばに、「すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」とあります。 心の安息を、本当の休みをイエス・キリストは与えてくださるお方です。「心の糧」なる聖書のことばを聞くことにより、豊かな人生を共に歩んでいただきたいと願っております。みなさまのおいでを心からお待ちしております。

お知らせ(ブログ)

 [%new:New%][%article_date_notime_dot%]

[%title%]


 
 

礼拝メッセージ(動画)

 

2020年9月13日
「キリスト者と真実」

聖書箇所 出エジプト記20章1~16節

第9戒「隣人について偽りの証言をしてはならない」は直接的には裁判における偽証の禁止を意味しています。この戒めは嘘をつきやすい私たちの弱さに光を与え、悪口、陰口を禁止する指針ともなっています。みだりに隣人を中傷する人は、やがて、公の裁判で偽証するようになりやすいからです。本人のいないところでいうのは、本人に弁明を認めない証言となります。私たちは、偽りを捨てて隣人に対して真実を語ることが求められています。(エペソ4:25)悪口、陰口ではなく、人の徳を養うのに役立つ言葉を話すことが求められています(エペソ4:29)また、隣人の事情を理解せず、原理原則で裁き、訴えることを許していません。真理の証言は隣人に対して愛をもって語ることが求められています。(エペソ4:15)
この戒めは、嘘をついてしまう自分自身の本当の姿に直面させます。ペテロがイエス様を知らないと自分を守るために嘘をついたように、私たちもこの弱さを抱えています。
キリストの十字架の圧倒的な愛と赦しの前に立つことこそ、偽りから解放される道であることに導きます。嘘をついてまで守ろうとする自分のプライド、人間関係における評価や、評判などキリストの十字架の前になんと小さなものでしょうか。
 

 
お気軽にお問い合わせ下さい
日本宣教会 きさらづキリスト教会
TEL/FAX 0438-41-8490
〒292-0016 千葉県木更津市高砂1-7-4
JR内房線巌根駅から徒歩約10分
※駐車スペースございます。