top_sride02_smh.png top_sride03_2_smh.png top_sride03_4_smh.png top_sride03_5_smh.png

top_sride03_20181018230514356.jpg top_sride03_2.jpg top_sride03_4.jpg top_sride03_5.jpg

牧師 重城博之
➡プロフィールはこちら

きさらづキリスト教会について

きさらづキリスト教会は、1984年小さな家の教会、木更津宣教会として始まり、2012年新チャペルが完成しました。地域の方々のコミュニティ教会になるように願っています。JR内房線巌根駅から徒歩で10分くらいです。ぜひ一度、教会においでください。聖書のキリストのことばに、「すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」とあります。 心の安息を、本当の休みをイエス・キリストは与えてくださるお方です。「心の糧」なる聖書のことばを聞くことにより、豊かな人生を共に歩んでいただきたいと願っております。みなさまのおいでを心からお待ちしております。

お知らせ(ブログ)

 [%new:New%][%article_date_notime_dot%]

[%title%]


 
 

礼拝メッセージ(動画)

 

2022年11月27日
「母を配慮する主イエス」

聖書箇所 ヨハネの福音書19章17-27節

 主イエスは十字架上で七つのことばを語られましたが、ヨハネは格別に第三のことばを記しています。
1,驚くべきコントラスト(対比)」
第一(ルカ23:34)及び第二のことば(ルカ23:43)は救い主としての職分としてふさわしい言葉です。十字架の意義を全人類に教えています。しかし、第三のことば(ヨハネ19:26,27)は極めてプライベートな内容です。
2,驚くべき配慮
それは、母マリヤの苦しみを知って語られた人間的な配慮でした。(ルカ2:35)自らが去った後の母の生活に心を配り、ヨハネの母として生きることにより、特別な人間ではなく救いを必要とし、聖霊の満たしを求める一信徒であることを自覚し、へりくだって歩むよう導かれたのです。(使徒1:14)
3,驚くべきメッセージ
主は「あなたの父と母を敬え」(出エジプト20:12)の十戒の戒めを実践し、模範となられました。人類の罪より救いの使命と同時に自らの母への配慮を示され、永遠の為だけでなく、一時的なことにも心をかけてくださる救い主を見るのです。主は私たちの些細な問題、課題にまで配慮してくださるお方なのです。(マタイ10:29,30)
 

 
お気軽にお問い合わせ下さい
日本宣教会 きさらづキリスト教会
TEL/FAX 0438-41-8490
〒292-0016 千葉県木更津市高砂1-7-4
JR内房線巌根駅から徒歩約10分
※駐車スペースございます。