top_sride02_smh.png top_sride03_2_smh.png top_sride03_4_smh.png top_sride03_5_smh.png

top_sride03_20181018230514356.jpg top_sride03_2.jpg top_sride03_4.jpg top_sride03_5.jpg

牧師 重城博之
➡プロフィールはこちら

きさらづキリスト教会について

きさらづキリスト教会は、1984年小さな家の教会、木更津宣教会として始まり、2012年新チャペルが完成しました。地域の方々のコミュニティ教会になるように願っています。JR内房線巌根駅から徒歩で10分くらいです。ぜひ一度、教会においでください。聖書のキリストのことばに、「すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」とあります。 心の安息を、本当の休みをイエス・キリストは与えてくださるお方です。「心の糧」なる聖書のことばを聞くことにより、豊かな人生を共に歩んでいただきたいと願っております。みなさまのおいでを心からお待ちしております。

お知らせ(ブログ)

 [%new:New%][%article_date_notime_dot%]

[%title%]


 
 

礼拝メッセージ(動画)

 

2021年11月28日
「わたしがいのちのパンです」

聖書箇所 ヨハネの福音書6章22ー51節

1.いのちのパンとは主イエスご自身(35,48,51節)
パンで満腹となった群衆は、主イエスに「天からのまことのパン」を求めました。(34節)主イエスは。人々に主ご自身を求めるよう語ります。多くの人々が自分の欲望を満たすために求めますが、(コロサイ3:5)神を求める者がいないのです。(ローマ3:10,11)
2.いのちのパンを食べるとは、主イエスを信じること。(29,35,40,47節)
いのちのパンを食べることは「主のもとに来ること」「主を信じること」(35節)であり、その結果として「永遠の命を持つ」のです。(47,50,51節) (ローマ5:15,18)
3.いのちのパンを食べることにより、神との新しい契約関係に生きる者となること(53~58節)
それは、信仰によって主イエスの十字架による贖いの恵みと愛を全身全霊で受け入れることです。主イエスの愛とゆるし、癒しときよめを受けとめ、永遠のいのちに生きる幸いを経験しましょう。
 

 
お気軽にお問い合わせ下さい
日本宣教会 きさらづキリスト教会
TEL/FAX 0438-41-8490
〒292-0016 千葉県木更津市高砂1-7-4
JR内房線巌根駅から徒歩約10分
※駐車スペースございます。