top_sride02_smh.png top_sride03_2_smh.png top_sride03_4_smh.png top_sride03_5_smh.png

top_sride03_20181018230514356.jpg top_sride03_2.jpg top_sride03_4.jpg top_sride03_5.jpg

牧師 重城博之
➡プロフィールはこちら

きさらづキリスト教会について

きさらづキリスト教会は、1984年小さな家の教会、木更津宣教会として始まり、2012年新チャペルが完成しました。地域の方々のコミュニティ教会になるように願っています。JR内房線巌根駅から徒歩で10分くらいです。ぜひ一度、教会においでください。聖書のキリストのことばに、「すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」とあります。 心の安息を、本当の休みをイエス・キリストは与えてくださるお方です。「心の糧」なる聖書のことばを聞くことにより、豊かな人生を共に歩んでいただきたいと願っております。みなさまのおいでを心からお待ちしております。

お知らせ(ブログ)

 [%new:New%][%article_date_notime_dot%]

[%title%]


 
 

礼拝メッセージ(動画)

2019年7月14日
「キリストにある主従関係」

聖書箇所 エペソ人への手紙6章5~9節

パウロの時代、ローマには、7万人の貴族たちが、120万人の奴隷を所有していたと言われています。奴隷制度が確立していたローマ社会において、パウロはすべての人は神の前に平等という、キリストの福音による人間観を伝えました(ガラテヤ3:27-28)
1、クリスチャン奴隷へ
どのように従うか、どのような心で仕えるかが大切であり、キリストに仕えるように、喜んで心から仕えるように勧め、平等な報いを与えられる神の前に生きることを強調します。
2、クリスチャン主人へ
 おびやかす態度で扱うことをせず、天におられ、人を差別されない主を覚え、神を畏れて真実に、公正に行うように勧めます。
3、今日的適用。
主従の立場の精神は、今日的に雇用者と従業員の関係において適用できます。キリストにあってクリスチャンが地の塩、世の光として生きる時、キリストの御名が崇められるのです。(マタイ5:13-16)


 
お気軽にお問い合わせ下さい
日本宣教会 きさらづキリスト教会
TEL/FAX 0438-41-8490
〒292-0016 千葉県木更津市高砂1-7-4
JR内房線巌根駅から徒歩約10分
※駐車スペースございます。